横浜の大雪

15時前、雪の勢いが強くなり
ホームへ早々に帰る人が続出…
皆さん、無事に帰られて良かったです
a0335845_01392289.jpg


どんどん雪が積もり
しせつの周辺も真っ白です
a0335845_01390344.jpg



雪の降る夜のBGMに



私も車を置いたまま、
1時間かけて歩いて帰りました

途中の真っ白な公園
a0335845_01400141.jpg


ようやく自宅前に到着…
a0335845_01423387.jpg





[PR]
# by liddell97 | 2018-01-23 01:54 | 気になるモノ,事 | Comments(0)
1月12日(金)に、西東京市にある多摩六都科学館に行ってきました。
多摩六都科学館のプラネタリウム投影機は、最も多くの星を投影するプラネタリウムとして世界一に認定されているそうです。その数は1億4000万個を超えるそう。

a0335845_23060306.jpg


直径27.5mの傾斜型ドーム
a0335845_23073490.jpg


すっごく大きいです!
a0335845_23091295.jpg


この通路を通って入館します
a0335845_23101218.jpg

a0335845_01100427.jpg


これが世界一のプラネタリウム投影機
「CHIRONⅡ」“ケイロン”
a0335845_23111697.jpg


ワクワク♪
a0335845_23131051.jpg


当日は幼稚園児達やもっと小さいお子さんも来ていて、真っ暗なプラネタリウムの中で不安そうになっている事がありました。
そんな時、投影する星座の絵をオリジナルのとってもかわいい親しみやすいイラストに変えて、解説員の方が子ども達に語りかけていました。そうすると子供達も安心して楽しそうに見ていました。
ミュージアムショップに置かれていたそのイラストがプリントされたハンカチタオルは、皆さんからは一番人気のお土産でした。


出口に展示されていた
通常の星座のイラスト
a0335845_23322324.jpg


時間がなくて展示室はほとんど見られなかったのですが、ミュージアムショップで皆さんの素敵なお土産を購入。私もついつい買ってしまいました。

右の天体下敷き ¥378(税込)
a0335845_23230895.jpg


アメジスト ¥1.080(税込)
a0335845_23234568.jpg


宇宙食(ミルクレープ) ¥648(税込)
本当の宇宙食と同じだそうです。
a0335845_23263283.jpg


昼食、店名が思い出せないのですが、
とっても美味しかったです
a0335845_23453350.jpg


テーブルに届くとカットしたりで
食事風景の写真がとれず残念!
a0335845_23464898.jpg

個人的にも、ふらりとまた行ってみたいところでした。プラネタリウムもまた是非鑑賞したいです。

[PR]
# by liddell97 | 2018-01-22 23:49 | しせつの行事 | Comments(0)
仕事がてんこ盛りで体力を使い果たし、東京へ行くのは無理だ…と諦めていたのですが、先月に生で聴いた「otto&orabu」のLIVEの記憶がよみがえり、映画監督と福森施設長のトークが聴けるなんて行くしかない!やっぱり行こう!と急いで支度をして出かけました。

a0335845_15345800.jpg


初めて行った映画館。地下1階にあるのですが、地下へ続く階段に木の椅子や、様々なコンセプチュアルな映画のチラシが置いてあり、小さいけれど素敵な映画館。
近くのお店で軽く何か食べようと思ったのですが、パンとお茶を買って映画館の外のベンチでもぐもぐ…通りがかりの人々は映画館の掲示板前で立ち止まりじっくりと見てました。

a0335845_15354838.jpg


掲示板。クリックすると大きな画面になります。
今回の映画の上映後に行われるトークイベントものっています。
a0335845_14484833.jpg

観に行って良かったです。監督ご夫婦も素敵な方でファンになりました。
しょうぶ学園での日常に視点をとめて、そのまま静かに切り取ったような、もしかしたら利用者の方達はこんな風に感じたり見たりしているのでは・・・と思うような描写でした。
解説するでもなく、方向付けるでもなく、切り取った日常を連ねていくうちに、何かが見えてくる、何かが感じられてくる・・・これはいったい何だろう・・・

そして上映後のトークイベントは最高でした!出演者は語らない方がいいとおっしゃりながら、福森施設長の楽しい、味わい深いお話しで場内は一緒に笑ったり、「そうだそうだ!」と頷いたり。
常識にとらわれない型破りな福森施設長は、茂木監督から「パンク」と言われてました(笑)。

そして終了後のサイン会。映画のパンフレットに茂木綾子監督、ヴェルナー・ペンツェル監督、福森伸施設長のサインを頂きました。
小さい紙片はチケットの裏側、整理番号です。チケットを購入した順番に5人ずつ声がかかり館内に入場します。私は21番。

a0335845_15593894.jpg



茂木綾子監督、ベルナー・ペンツェル監督の
他の作品も是非観てみたいです。


[PR]
# by liddell97 | 2018-01-14 17:23 | 気になる人,言葉 | Comments(0)
茂木綾子監督の映画のパンフレット
右「幸福は日々の中に。」
左「島の色 静かな声」

a0335845_01413129.jpg


しょうぶ学園の映画「幸福は日々の中に。」を監督された茂木綾子さんのインタビュー記事。
 ―「移住のニュー・スタンダード!hinagata 雛形」より



[PR]
# by liddell97 | 2018-01-13 23:20 | 気になる人,言葉 | Comments(0)
a0335845_01211030.jpg




映画館「ポレポレ東中野」で、1/13(土)~1/19(金)18:00~ しょうぶ学園に通いカメラを回し続けて作られた映画、「幸福は日々の中に。」が上映されます。

初日の1/13(土)には、上映前の初日舞台挨拶のゲストにヴェルナー・ペンツェル+茂木綾子両監督が、上映後のイベントに福森伸氏(しょうぶ学園施設長)、ヴェルナー・ペンツェル+茂木綾子両監督が出演されるそうです。
これはファンとしては行かずにはいられません!前日にしせつの日帰り旅行、その後夜に大学院の授業があって恐らくクタクタなのですが・・・


茂木綾子、ベルナー・ペンツェル監督
『幸福は日々の中に。』予告編



「SHOBU STYLEは鹿児島市吉野町に実在する障がい者福祉施設だ。障がいを持ち、普通の社会では生きられないとされる人々がここに住み、あるいは通う。つまりことは、普通の場所ではない。ところがこここでは、人も木も犬もロバもヒツジもみんなが輝き、この上なくいきいきと生きている。こんな姿をみせられたら、誰だって、いったい「普通」とはなんなのか、自問せざるをえなくなる。障がいとか健常者という区分ではなく、それぞれかけがえのない個性であると尊重し、協働することの可能性を、ここまで強く感じたことはない。」
― 芹沢高志(統括ディレクター、共同プロデューサー)プロダクションノートより

[PR]
# by liddell97 | 2018-01-09 01:23 | 気になる人,言葉 | Comments(0)

横浜市にある障がい者施設の職員です。~ 日々、心が喜ぶものを ~


by liddell