<   2015年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

a0335845_17564287.jpg
先日お菓子作りの時間に、皆さんとこんなおやつを作りました。
①ホットケーキを焼く。冷ましている間にカスタードクリームを作る。
②全部のホットケーキの片面にカスタードクリームを塗る。
③パイナップル、マンゴーを粗めに刻む。
④1枚のホットケーキの上に③を敷いて、別な1枚ではさみ、四等分する。

カスタードクリームを塗る時に、60代男性の自閉傾向のある方が「アハッ、アハハハ…」と声を上げながらニコニコ笑顔で笑っておられました。
驚いて「○○さん、どうかしましたか?!」とお尋ねしましたが、笑いが止まらないといった様子。それはもう本当に嬉しそうな笑顔で、こちらまでとても嬉しかったです!

この男性との8年のお付き合いの中で、始めて声を上げて笑われるのを見ました。生活されているホームの担当職員にその様子をお伝えすると、ホームでも声を上げて笑われる姿はこれまで一度も見たことがないとのこと。

ならばもう一度と思い、今度はアンコを挟んでどら焼きを皆さんと作りました。
前述の男性、この時は熱心にアンコを塗って下さいましたが、前回ほど幸せそうな笑顔ではなく…やはりカスタードクリームがお好きだったのか。次回はもう一度カスタードクリームで作ってみたいと思います。

[PR]
by liddell97 | 2015-06-14 20:12 | お菓子作り | Comments(0)
ムヒカ大統領の投稿記事です ↓
http://kainorasen.exblog.jp/20857939/

絵本があったのですね、知りませんでした。

「世界で一番貧しい大統領のスピーチ」
編╱くさばよしみ  絵╱中川学  汐文社
a0335845_00414291.jpg
出版社より
「2012年、ブラジルのリオデジャネイロで開かれた国際会議。南米のウルグアイのムヒカ大統領はのちに世界の人々から絶賛されるスピーチを残します。この絵本はその全容を紹介するものです。」


[PR]
by liddell97 | 2015-06-11 12:00 | 気になる人,言葉 | Comments(0)
味覚糖のど飴缶 アンディ・ウォーホル 
第2弾(グレープ/コーラ/ミント)
http://mikakuto-nodoame.jp/product.html

第1弾があったのを知りませんでした!ショック…
ウォーホルが好きな職場の同僚と、
ダブったら交換し合って集めています。
彼はコンプリートを目指しているらしい。

a0335845_02064008.jpg

a0335845_02180316.jpg

上記2枚の画像
http://www.fashion-press.net/news/17221


どうやら中身は見えないようなパッケージ?!
1つ200円前後らしいです。

a0335845_02182978.jpg


[PR]
by liddell97 | 2015-06-10 12:00 | my life | Comments(0)

社会人学生5

a0335845_22534846.jpg

画像 ;http://www.dezeen.com/2010/09/27/a-gust-of-wind-by-paul-cocksedge/

大学院生として2か月が経ちました。
特別支援教育専修の修士課程1年生(M1)のうち現職者は2名です。
また4月・5月は数々の提出書類もあり右往左往し、6月に入りようやく久しぶりの学生生活にも慣れてきました。

体力的にも、もっと早く始めていたら…と思うこともありますが、仕事をしながら子育てを行う母親にとっては、子育てがある程度落ち着くまでは通学が難しく、どうしても開始年齢が高くなってしまいます。

進学の目的は、自分に最も不足していると感じる部分である、科学的な根拠に基づく正当な手続きで実践を検証しまとめることです。ある教授が対人支援は「経験と勘と科学」だと言われていましたが、その科学の部分です。

仕事に関わることとは言え、誰に頼まれたわけでもなく自分の意思で行っていることなので、とにかく時間を合理的に使い、かつ作業を効率的に進めて続けるのみ。卒業できるのか…と思うこともありますが、大学での授業は非常に興味深く、先生方も素晴らしい方ばかりで、状況が許す限りは学び続けたいです。

今後大学院の文系の枠が少なくなるような噂も聞こえてきます。教育・福祉関係の現職者が研究を行う場所が維持されるよう祈ります。


[PR]
by liddell97 | 2015-06-09 23:55 | 社会人学生 | Comments(0)

恐らく1947年の録音。

既に病に苦しんでいたとはいえ、ブザンソンの演奏に比べると

本来の演奏に近い状態であっただろうと思う。
リパッティの演奏の中でもこのBachが特に好き。

J.S.Bach╱Partita No.1 Bwv 825




[PR]
by liddell97 | 2015-06-07 23:15 | 美しい音楽 | Comments(0)

横浜市にある障がい者施設の職員です。~ 日々、心が喜ぶものを ~


by liddell