<   2016年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

社会人学生6

しせつの利用者の皆さんに介入研究のご協力を頂くために、研究の説明書、同意文書、同意撤回書を作成しました。しせつの管理者の決済を受けてから、ご本人、保護者への説明を聞いて頂いた上で同意を得て、またホームの管理者の承諾を得て、ようやく実践を始めることができます。
明日から参加者・保護者への説明と同意を頂く作業が始まります。

また、同時に論文も検索し読んでいます。今日も興味深い論文に出逢いました。著者は知的障害をもつ人たちの加齢と健康に関する研究をなさっている植田章先生です。今週は植田先生の文献を沢山読ませて頂こうと思っています。


さて、もうすぐ12月ですね。

クリスマスの12月25日には市川にて、尊敬する音楽療法士の高山仁先生のセミナーが開かれます。先生の講義を拝聴するのは8月以来でとても楽しみです。今回の講義は音楽療法の評価についてで、私も今評価法を検討している最中のため、全身を耳にして教わりたいと思います。

a0335845_23575872.jpg

  特別支援教育・保育・音楽療法のために 
  ~「生きる力」をはぐくむ音楽活動 みんなで音楽~ 高山仁 著 音楽之友社


この本は、知的障がいを持つ方のための音楽療法について記されています。
美しいメロディーとハーモニーは守られたまま、セラピストに演奏の大きな負担をかけずにセッションが効果的に展開されるよう、徹底して構造化された音楽が使用されています。

曲が何を意図して作られているのかが、解説を読む事でよく理解できます。本当に素晴らしい教材です。
私は音楽教育の現場と障害福祉の現場において数十年来、知的障がいを抱える方への音楽療法を探し求めていましたが、音楽的側面と、障害者福祉や発達支援の側面のどちらにも妥協をせずに効果を発揮する音楽療法は、高山先生の方法論だけでした。

音大生時代に桜林仁先生の集中講義で Nordoff-Robbins を知り、セッションの録音も聞かせて頂き衝撃を受けてこの道に入ったのですが、Nordoff-Robbinsは作曲家と特別支援教育の専門家によるペアです。音楽の専門性と特別な配慮を必要とする方への専門性を一人の人が兼ね備えるなんて、絶対に無理と思っていました。

でも高山先生はお一人で完成されている。音楽療法学会の新認定制度必修講習会で初めて高山先生の音楽療法を知り、奇跡を見るようでした。

知的障がいを抱える方への音楽療法、音楽活動を考えていらっしゃる方には、この本を是非読んで、実際に音を出して、障害を抱えている方々とここに書かれている体験を共有して頂きたいです。

[PR]
by liddell97 | 2016-11-29 23:45 | 社会人学生 | Comments(0)

安野光雅さんの切手

郵便局へ買いに行くのを忘れてた~!
(後日、無事にget!)

2016年11月25日(金)発売、
「童画のノスタルジーシリーズ 第4集」
今回は安野光雅氏の絵本作品の中から。

a0335845_00564682.jpg

[PR]
by liddell97 | 2016-11-29 01:01 | my life | Comments(0)

カレー料理人

本日21時半に退勤、近くのスーパーへ寄り22時に帰宅。
家⇔職場が10分のなせるワザです。

帰宅すると・・・

カレーが出来ているではありませんか! 
我が家の料理人(大1男)作、カレーライス

a0335845_23184109.jpg

いただきまーす!
(コンロがカレーまみれとか言いません)

こちらは、アイロンビーズマスターのMさんに頂いた、
「サテ・トム」ベトナム ラー油(エビ味)
胡瓜のオリーブオイル漬けと一緒に。
美味しいです~!

a0335845_23223785.jpg

今日は職場で研究関係を進めてきたので、
後ろめたさもなくワインに進みます♪

[PR]
by liddell97 | 2016-11-28 23:32 | my life | Comments(0)

学業のスランプ

a0335845_14010781.jpg

自分への言葉,その1
「家事と仕事への頑張りを言い訳にして
課題から逃避しない」


a0335845_14003703.jpg

自分への言葉,その2
「とにかく毎日時間を決めて向き合うこと!
向き合わなければ始まらない」

・ ・ ・ ・ ・ 

英会話プログラムの先生より、私におすすめの名言
ー 松岡修造 ー
名言・格言 より

「苦しいか? 修造! 笑え!」

[PR]
by liddell97 | 2016-11-27 14:09 | 社会人学生 | Comments(4)

英会話プログラム③

生活介護しせつの英会話プログラム その3

6.書字練習で使った単語の発話
先生   このカードを選んだ人は?
参加者  はい!
先生   これは何でしょう?
参加者  例)duck!
先生   Great!

a0335845_20024007.jpg



a0335845_19135401.jpg



a0335845_14400581.jpg



この後に一人ずつ順番に、先生の後をリピートして単語の発話練習をしていきます。

a0335845_19531845.jpg


7.I amを使った自己紹介 Yes/Noによる回答

先生  I’m 〇〇.
参加者 I’m 〇〇.

次は先生の質問をよく聞いて、臨機応変に答える課題です。
先生が英語で「〇〇さんて言いました?」と聞き返します。「△△さんて言いました?」と聞き間違えることもあります(もちろんわざとです)。

①Yesのパターン・・・訂正の必要なし
先生  Did you say 〇〇?
参加者 Yes.

②Noのパターン・・・訂正の必要あり
先生  Did you say ××?
参加者 No, I’m 〇〇.

現在、参加者11名中7名は、支援者の介入無しの完全な自力で①と②の使い分けを正確にできるようになりました。
4名中2名(Aさん・Bさん)は、混乱を避けるため①Yesの課題は行わず、②「××さんて言いました?」に「No」と答える練習のみを行っています。

そのAさんですが、次のようなエピソードがあります。
ある日Aさんがふざけて腰を曲げて歩き、誰かに「おばあちゃん!」と言われました。するとAさんは「No!」と力強く答えて周囲に「すごーい!」と絶賛されたのです。英語で返すというAさんの機転は素晴らしい!
一例ですが、覚えた英語が生活の中でごく自然に「般化」しています。Aさんは語彙数が限られていて、コミュニケーションに役立つなら英語もありだ私はと思います。

つづく・・・

[PR]
by liddell97 | 2016-11-26 20:50 | 英会話プログラム | Comments(0)

英会話プログラム②

生活介護しせつの英会話プログラム その2

ここでは、英単語の書字練習についてご説明します。

5.単語の書字練習
書字練習で使う単語は、参加者が沢山のカードの中から好きなものを選んでいます。一つの単語がその人なりの課題で終了すると、次の単語に移ります。
また書字練習で使っている単語はロールプレイでの発話にも使用します。1つの単語に「書く」「発話する」の両方からアプローチしています。

プログラム開始前に、このように準備しておきます。

a0335845_12160560.jpg


a0335845_12165160.jpg


先生と支援者(私)の二人で、1テーブルずつ受け持って見守ります。必ずしも英単語の記憶や書字力の向上を目指しているわけではなく、別の目的のために英単語を書くという「構造」を利用している方もあります。
また、純粋に「好きなものが英語で書けるようになりたい」という目的を持ってのぞまれている方もあります。
とにかく全員が真剣です。

a0335845_12261623.jpg



a0335845_12270323.jpg


この方は「ゆっくりはみ出さないようになぞる」「見本を模倣して書く」という課題に取り組んでいます。自分の名前を漢字で書く時に殴り書きであったのが、落ち着いてきれいな字で書けるようになりました。また、これまで自著は名前のみであったのが、見本を見ながらなら下書き無しで住所が書けるようになりました。「うそ?!書けちゃった、初めてだよ!」ご自分でも驚いておられました。

a0335845_12273747.jpg


日本語のひらがなやカタカナの複雑で独特な形に比べて、ローマ字は幾何学的な線、|─ ╱ 〇 U Vが多いです。
その特徴に慣れない方もあったため、ローマ字を書く前に上記の線描をなぞり書きするプリントも作りました。今1名の方がそれを利用しています。

また書字課題の提示だけで、それを見て単語が書ける人達も、それぞれの苦手な部分に応じた罫線をノートに書いておくことでより課題を達成しやすくなります。


a0335845_12280506.jpg


現在の英単語書字の課題設定、オリジナルプリントは試行錯誤を繰り返しながら更に進化しています。

続く・・・

[PR]
by liddell97 | 2016-11-26 20:40 | 英会話プログラム | Comments(0)

英会話プログラム①

しせつで行っている英会話プログラムを、4回に分けてご紹介します。(写真は今年の8月のもの)

気をつけている事は、「出来た時は即激励、皆で喜ぶ」「英語のリズムとスピードを活かしながら沢山声を出して頂く」「積み重ねを大事にし長い目で課題を設定する、結果を急がない」「どのような支援が有効か常に考察し修正しながら進める」などです。


まず最初に英語の歌から始めます。1階にあるピアノを使用し歌唱を行ってから、2階へ移動します。

1階はくつろぎの空間のため照明を明るくし過ぎない作り、反対に2階はアトリエでもあり、明るくて創作や勉強に向いている空間なのです。


生活介護しせつの英会話プログラム その1


1.「Beatles「Hello, Goodbye」の個別発話練習と、全体での歌唱


a0335845_11180815.jpg


英会話プログラムで発話している「Hello」「Goodbye」が繰り返し出てくる、プログラムに使えそうな歌があるとの先生の提案で、英会話の冒頭に歌を導入しました。写真は歌詞の個別発話練習です。歌詞はカタカナで書かれています。

最初はHello,HelloGoodbye」の部分だけをピアノ伴奏に合わせて歌っていましたが、英会話の練習で「Yes」「No」「Go」も、意味理解を伴った発話ができるようになりその部分も歌い始め、今はほぼ1番を通して歌えるようになっています!


a0335845_17194926.jpg


通して歌う時には当然能力差が出てきて、上記の単語の部分しか歌えない方もあります。その場合は全部歌える事が課題ではなく、上記の単語の部分だけ歌詞で歌えたら十分です。歌詞はメロディーと共に記憶されているため、ピアノ伴奏で記憶を引き出しながら、歌うタイミングを促す先生の指揮で一斉発話のように「Yes!」「No!」「go go go!」等と歌うことができます。

一方、全フレーズが歌える方のために、先生は「先読み」という音楽療法でも使われるテクニックを駆使して指導されます。つまり、全フレーズが歌える人への先読みをしつつ、単語のみ歌える人へタイミングを伝える指揮もするという高度なテクニックです。動画をお見せできないのが残念!

2.「Go up」
先生の「では、2階へ上がって英会話を始めましょう、Go up !」の後に続けて、全員で「Go up!」と発話して2階へ移動します。

3.「It’s sunny」「Friday」「August」
今日の天気と曜日、月を練習。先生と交互に一斉発話、その後個別に先生の後にリピートしてもらいます。

4.Go/Stop

全員が立って輪になります。教室の中を先生の「Go」の掛け声で歩き、「Stop」の掛け声で止まる練習を通じて、Go,Stopを理解します。

最初は先生の掛け声で行いますが、慣れたら参加者が掛け声を行います。参加者が発話しやすいように、先生が♪ ♪ ♪ ♪・・・と手拍子でリズムをとり構造を提示、「Go ♪ Go ♪ Go ♪ Go ♪・・・」のリズムで掛け声をかけてもらいます。「Stop」のタイミングに悩む方のために、せんすにSTOPと書いたものを先生が提示、それを見て「Stop!」の掛け声をかけます。


続く・・・


[PR]
by liddell97 | 2016-11-26 20:30 | 英会話プログラム | Comments(0)

学術論文の検索;CiNii

学術論文情報を検索の対象とする論文データベース・サービス「CiNii」でキーワードを入力して検索すると、関係する論文に到達できます。
 
『CiNii 日本の論文を探す』 http://ci.nii.ac.jp/ja

例えばフィンランドの特別支援教育に関する論文を探す場合、「フィンランド」「特別支援教育」と入力。文献がずらーっと出てきます。
研究の場合、検索でヒットした論文は一応全部読むようにと言われています(膨大な場合はキーワードを変えたり足したりして絞る)。
研究でなくても何かに興味を持ったり調べたくなった時などは、検索でヒットした論文の要約を読んでみて、気になる論文は本文を読んでみるとよいと思います。

論文を使った職員の勉強会が行えたら面白いのに・・・興味深い実践が記されている論文を毎回一つ選び全員が読み込んできて、勉強会の場で要約の発表や討議をするのです。先行研究の実践が現場にヒントを与えてくれたり、考察し文章化することや自分の考えを述べる訓練にもなります。

先輩職員は、狭い経験と勘だけを頼りに根拠が不明確な実践を行う人であってはいけない。ヒューマンサービスは『経験と勘+「科学」が大切』と教授が言われていたのを思い出します。

[PR]
by liddell97 | 2016-11-21 22:50 | 障がい者福祉の仕事 | Comments(0)
フィンランドの高校生と話すマイケル・ムーア監督
a0335845_17362329.jpg
マイケル・ムーアの世界侵略のススメ HP↓
http://sekai-shinryaku.jp/index.html


↓ ↓ こちらは長めの動画です
『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』”フィンランドの教育”


映画『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』本編映像
”宿題のないフィンランド”



”フィンランドの高校生”



”フィンランド教師の本音”


この学校教育の考え方に強く共感します。
教育は自分の人生をよくするために行われるべきものであると思います。
フィンランドはその教育方法が結果的に学力に反映したのであり、学力(テストの結果)向上のために勉強・教育をしているのではない。たからアジアの国々に学力テストの結果を抜かされても動じないのだと思います。教育の目的が違うからです。

しせつでは、学齢期に本人の力を引き出す支援がほとんど得られなかった方々へ、同じような意味でプログラムを提供しています。高齢の方々に何故?と思われるかもしれません。

知的障害を抱える方には、ご本人が希望されれば、生涯を通じて「自分の力を発揮して」人生をよりよくしていく教育の機会が福祉サービスにおいて保障されるべきであるというのが、私の考えです。なぜなら学齢期、青年期に十分な教育の機会に恵まれなかった50代以降の知的障害を抱える方々へ、しせつでの活動を通して楽しみながら多角的に教育アプローチを行った結果、未開発であった能力が次々に引き出され、それが喜びとなり活動参加の継続をご本人が希望されるからです。
しかしこの事は、仕事(作業)を中心としたしせつを利用されている、若い知的障害を抱える方にも言えるのではないでしょうか。

しせつが提供する仕事(作業)と行事のみでは限定的な経験にとどまるというのが実情です。また、休日を利用され外部の社会資源を活用した場合も、複雑な障害特性を理解した上で準備されたプログラムでない場合は、ご本人の力を引き出しきれないと考えます。

しせつのプログラム、例えば茶道では日本の伝統を体験すると共に、楽しみながらご本人の作法の質を高めることは、他者への気遣い、動作と挨拶のコントロールが必要となります。各参加者の現時点での課題は全員異なり、それぞれに合わせた課題設定を行い確実にクリアしていきます。

その他同様に歌唱、器楽、造形、英会話、お菓子作り、ゆらぎ体操を行っていますが、皆さんの心が充実すると共に、活動で得られた新たな力により生活の質を高める事を目指しています。良い指導者に巡り合えたら、もっと活動の種類を増やしていき、選択肢を広たいと思っています。

大切なのは「自分の力で出来た」事実と実感です。陥りがちな「やってあげた」という押し付けは、結果がどんなに良くても「事実と実感」に欠けてしまいます。一方、根拠のない無謀な課題設定で利用者を苦しめている事に気づかない職員もいます。何か課題を押し付けることが「教育」「支援」だと思っている思考の単純さ…。

このような理由から、成人の知的障害を抱えた方に対する教育活動の有用性、中でも音楽療法の有用性についての研究を行っています。
「効果」を主観ではなく、信頼のおける方法により測定するところまで行い、「有効である」と言えるからです。

・・・学生期間があと2年しかなく焦っています。なかなか研究の時間がキープできず、担当教官の先生にはご心配をおかけしています。
仕事もきりがなく20時退社を目標としていますがなかなか叶わず、週末は放置気味の家事で終わってしまい・・・時間の管理、もの事の優先順位づけと適度な手抜きが課題です(>_<)

[PR]
by liddell97 | 2016-11-20 14:33 | 障がい者福祉の仕事 | Comments(0)



1992年に発売されたピアノ弾き語りアルバム『SUPER FOLK SONG』の、レコーディング模様を記録したドキュメンタリー映画。公開当時は2万人を動員したそう。

[2017デジタル・リマスター版]で、
2017年1月6日(金)より15日間限定ロードショー。 う~~観たい!

a0335845_01242794.jpg

前売特典は「特製チケットホルダークリアファイル」↓ 
※前売特典はなくなり次第終了、前売り1900円)。

a0335845_01251682.jpg

詳しい情報はこちへ; Billboard JAPAN 
http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/44271/2

[PR]
by liddell97 | 2016-11-19 14:03 | 美しい音楽 | Comments(0)

横浜市にある障がい者施設の職員です。~ 日々、心が喜ぶものを ~


by liddell