自閉症アバター

手仕事の先生、宮本さんが「自閉症アバター」に関する番組情報を教えて下さいました。
我が家にはテレビが無いので残念ながら視聴できず、しかし非常に興味深いため情報を集めてみました。

ハイパーワールド 共感しあう自閉症アバターたち
池上英子著
a0335845_14040432.jpg


この本は是非読みたいです。公開されている部分を読むだけでも大きく共感します。

公開されている第1章より
「…私は、神経回路としてはまあ「定型発達者」という多数派に属するようだが、言語的・文化的にはマイノリティとしてリアルに米国社会で暮らしている。その立ち位置から、私は自閉症の人々が主張する「ニューロダイバーシティ(神経回路の多様性を主張すること)」に、共感を覚えた。ニューロダイバーシティという考え方は、いろいろなスタイルの脳の働きがあり、さまざまな神経回路を持っている人がいるからこそ、社会全体として創造的な力が生れるのだ、という考え方である。」

「ちなみに心理学などでは、より多数派の構造に脳が発達した大部分の人のことを「定型発達者」、自閉症スペクトラムのような人を「非定型発達者」という言い方をする。私は実はこの用語の語感に少し抵抗がある。「定型」的に発達した神経回路を持つ人々のなかにもさまざまな神経回路のスタイルがあるし、定型発達者と非定型発達者とのあいだに、そうはっきり線を引けるとも思っていない。」

「さまざまな神経回路のスタイルを持つ人々がいたほうが、社会全体としてもより豊かな可能性をはらむと思っているので、その観点からも二分法的な語彙に良い印象を持たない。」

「しかし本来、「定型発達者」とは実在する普通の人という意味でなく、社会科学でよく言われるところの「理念型」でフィクショナルな概念である。代替用語もおもいつかないので、とりあえず発達の形の多数派という程度の意味で、この本ではこの言葉を時として使うことをお断りしておきたい。」


ハートネットTV 2017年10月3日・4日13:05~再放送があります。



NTT出版のウェブマガジン「Webnttpub.」より
まえがき本棚01|池上英子
『ハイパーワールド ― 共感し合う自閉症アバターたち』
高機能自閉症の大人、ジョンとの出会い 




朝日新聞 GLOBEデジタル版より
webオリジナル「自閉症の世界へ」第7回
仮想空間ではコミュニケーションも円滑に
自閉症スペクトラム症と「セカンドライフ」



参考までに・・・(非会員は見られないページあり)
朝日新聞GLOBEより「自閉症を旅する」
01 働く・支える
02 内なる世界をのぞく
03 多様性にこそ


[PR]
by liddell97 | 2017-10-01 13:53 | 気になる人,言葉 | Comments(0)

届いた本

今日から10月ですね!今週半ばに内部監査があるため、その準備などで9月はあっという間に過ぎてしまいました。
9月は個別支援計画の中間評価もあるため夜遅い帰宅が続いていたのですが、今週から院の後期の授業も始まり、また仕事と学業の両立生活の再開です。意識を切り変えて頑張らないとです!

注文していた本が3冊届きました。早速読む予定、楽しみです。


「脳からみた自閉症」大隈典子著
大隈先生のブログを拝読、
フォローもさせて頂いています。
a0335845_02554742.jpg



「言葉の誕生を科学する」小川洋子、岡ノ谷一夫著
尊敬する岡ノ谷先生。
a0335845_03052277.jpg


国立研究開発法人 科学技術研究機構 JSTCannelより
未来を作る科学者達(20) 小鳥の歌から言語の起源へ
~岡ノ谷一夫~ 2002年 29分




国立情報学研究所より オープンハウス2012:
「言語と感情の起源」岡ノ谷一夫



新潮社「webでも考える人」に連載中の
「おかぽん先生青春記」は面白すぎて衝撃でした。



「非線形科学 同期する世界」蔵本由紀著
同期って不思議・・・
やっぱり買ってしまいました!
a0335845_03004640.jpg

[PR]
by liddell97 | 2017-10-01 03:22 | 気になる人,言葉 | Comments(0)
今、夢中で読んでいる本 
「ひとと音・音楽 療法として音楽を使う」山根寛編
a0335845_19570454.jpg

以前、尊敬するアメリカのセラピストが作曲した曲をセッションで用いたことがあるのですが、どうしてもリズムや音楽の構造に違和感が感じられました。

日本人は言語を含む日本の文化の中で聴覚が育まれているから、外国の音楽療法がどんなに評価されていても、そのまま日本人への療法に使うことは難しいと思います。
日本人が日本人のためにオリジナルの音楽療法を考えるべきでは・・・そんな思いを抱えているので、この本に出逢えて良かったです。

その他に読もうと思って入手した本;
「芸術と脳科学の対話」バルテュス+セミール・ゼキ
a0335845_19573660.jpg

「音楽の感動を科学する」福井一

a0335845_19595986.jpg

セミール・ゼキ氏の研究はかなり興味があります。
しかし日本語で読める論文が見つけられません。

↓ セミール・ゼキ氏の講演(日本語の字幕を設定できます)


↓ 講演の日本語訳の一覧が見やすく掲載されています


[PR]
by liddell97 | 2017-04-21 23:52 | 社会人学生 | Comments(0)

社会人学生7

Autism and Other Neurodevelopmental Disorders

a0335845_23200416.jpg

英語の文献を要約して発表する授業があります。
上記の学術書から、前期は自閉症スペクトラム(ASD)の項を訳しました。後期は注意欠如・多動性障害(ADHD)の項を選択し現在翻訳を進めています。
別の授業の準備もあり、なかなかブログの更新ができないこの頃です。

授業と仕事と家事を抱えながらの研究は中断しがちなので、継続するための my rule を考えました。
 ①平日のうち週4日は仕事の後に研究を進める。
 ②残りの週1日はゆっくり身体を休める
 ③土曜日は家事を優先する
 ④日曜日はできるだけ研究に時間を充てる
 
今は辛うじて守れているので、このペースを維持できるよう頑張りたいです。
しかしこの調子でいくとクリスマスを楽しむ余裕は全く無し(T_T)・・・授業の課題と研修、研究で年内は終わりそうです。

そして、デジカメが壊れて写真が摂れずにおります。9年使ったので新しいカメラを買いたいなあ・・・

[PR]
by liddell97 | 2016-12-11 23:47 | 社会人学生 | Comments(0)
ムヒカ大統領の投稿記事です ↓
http://kainorasen.exblog.jp/20857939/

絵本があったのですね、知りませんでした。

「世界で一番貧しい大統領のスピーチ」
編╱くさばよしみ  絵╱中川学  汐文社
a0335845_00414291.jpg
出版社より
「2012年、ブラジルのリオデジャネイロで開かれた国際会議。南米のウルグアイのムヒカ大統領はのちに世界の人々から絶賛されるスピーチを残します。この絵本はその全容を紹介するものです。」


[PR]
by liddell97 | 2015-06-11 12:00 | 気になる人,言葉 | Comments(0)
a0335845_00360151.jpg


― 東田直樹著「飛びはねる思考 会話のできない自閉症の僕が考えていること」より

「・・・僕は、沈みゆく太陽を見つめながら、今日という日に感謝します。
この気持ちは、誰かに教えられたわけではないような気がします。僕という人間を生かしてくれている全ての奇跡と愛に対する畏敬の念だと思うのです。・・・」

この著書の「夕日」というタイトルの文章は前後にも澄みわたった文章が続きます。夕日は見ている者の心をまっさらにしてくれる・・・等々。

東田さんの著作は、自閉症の方と関わる方にとって大きな助けとなります。表面的な声や動作の向こう側では、知性と感性がいきいきと才能を発揮しているという事がはっきりとわかるのです。
 

  BGM ;Jan Garbarek, The Hilliard Ensemble 
     「Officium」


[PR]
by liddell97 | 2015-01-12 18:40 | 気になる人,言葉 | Comments(0)

横浜市にある障がい者施設の職員です。~ 日々、心が喜ぶものを ~


by liddell