音楽による行動のコントロール

20時40分過ぎ、この時間にしては珍しく電話が鳴りました。近くのグループホームからです。
入所施設から体験入居に来ていた女性の方が、職員の髪をつかみ、ひっかき、蹴飛ばす等、大暴れをしているとのこと。二人がかりで対応しているがいっこうにおさまらない、既に40分が経過している、と。

車に乗ってすぐにホームへかけつけました。様子を聞くと、他の利用者の方が職員に対して大声を上げ続けているのを聞いているうちに、上記の状態になってしまったとのこと。

・・・結果的に数十分で落ち着き、自らベッドに横になり眠りにつかれました。その過程について記したいと思います。

  ~   ☆   ~   ☆   ~   ☆   ~

大暴れの現場に入り彼女の手を支えて「つらいね」と声をかけました(私より10歳以上年下の方)。「こんな状態は嫌だよね、困っているよね」と話しかけている間も私を観察されており、油断すると私の手はガリガリとひっかかれ、ここ1時間の状況を聞いていた際にも支えていた職員をはねのけて私の顎にキックが入りました。

まず、刺激を少なくするため部屋の照明を落として廊下の電気のみにし、ご本人が暴れて怪我をしないようにマットの上に横になって頂き、職員3人で支えました。もし支えを放したら、カーテンを破き、近くに人に飛びかかって髪を掴んだり蹴飛ばす、物に当たる等の行動が生じるとのことでした。

支援していた職員に「こういう時に、普段はどのように支援をしているの?」と聞くと「横になって頂き数をカウントをしています、そうすると落ち着いてこられます、でも今日も試したのですが…」とのこと。「この方の好きな事は何?」と尋ねると「歌です、ドレミの歌が好きだと聞きました」とのこと。
そこで私と支援職員2名の計3名で、まだ暴れ続ける彼女を支えながら静かにドレミの歌を歌い始めました。すると、彼女は歌に耳を傾け、暴れていた一時的に手が止まり、かすかにリズムを取って動いているのです。しかし歌が終るとまた暴れる。同じような4/4拍子の別の曲を歌っていくと、暴れつつも次第に手足ではっきりとリズムをとるようになりました。

そこで音楽への反応の良さを利用して静かな曲を用いて落ち着いて頂こうと、歌をテンポの遅い曲(夕焼け小焼け)に変え、静かに、ほぼハミングで歌いました。繰り返すうちに少しずつ力が抜け、支える職員は2名で大丈夫となり、離れた職員に物音や声が聞こえてくる居間の戸を閉めてもらいました。薄暗く静かな空間の中でハミングを続け、本人が自ら姿勢を横向きに変換した際に、近くにあった掛布団をサッと身体の上に掛けました。もうその時点で職員は支えを外し、ハミングに合わせて髪をゆっくり撫でたり、布団の上から腕付近をトントンしました。

しばらく続け、身体の緊張が抜けてきたため「寝ようか」と声をかけると、彼女はガバッと起き上がりました。内心ギョッとしましたが、ご自分でベッドへ横になられたのです。

すぐに彼女の身体に掛布団をかけ、「おやすみなさい」と声をかけるとそのまま静かに寝ておられたので、私達は部屋を出ました。時計は21時30分、「良かったね~」と胸をなで下ろしました。

彼女は夜間に大きく崩れてしまわれる事はこれまで無いと聞き、明朝の早番は早めに出勤して備える等の話をして帰りました。
→朝も穏やかに過ごされていたそうです。

  *   *   *   *   *

彼女の場合、緊張が高まる事により粗暴行為が出てしまい、一度その状態となると自己コントロールは難しいようでした。
粗暴行為や器物破損等の行動問題を抱える方は、失敗を怒られ続けることで問題を起こしやすい状況への苦手意識が強化され(つまり誘発しやすくなる)、また失敗により自己評価が下がり自信を喪失するという負のスパイラルの中で苦しんでおられる人が多いと思います。
ならば、感情・行動のコントロールを学習する機会を保障し、成功体験を増やしていけば良いのではないでしょうか。そこに職員の専門性が問われると思います。

これまで行っていた対応である「カウント」は一種の音刺激として作用していたのではないか、それと歌とは何が違うのかと言えば、感情に働きかけるかどうかだと思います。また数の羅列であるカウントは構造が曖昧ですが、今回使った歌は構造が明確であり見通しも立ちます。

今日、彼女の行動のコントロールを可能にしたのは、音楽の力と刺激の整理です。彼女は音楽に反応しやすい、ならば刺激を整理しながら音で導く事も一つの方法です。今日の対応では、歌によって感情に働きかけ、同時に触覚刺激(ゆっくり撫でる、トントン、布団の重さ)を加え、視覚刺激と聴覚刺激の調整(部屋の明かりを押さえた、人の声や物音を遮断した)を行いました。

もし今後教育的な介入の機会があるなら、音楽場面においてコントロールの体験を沢山して頂くことから始めると良いと思います。音楽療法ならではの支援の可能性を感じます。
職場を出たのは22時をまわっていましたが、今日は彼女から大事な事を教えてもらいました。感謝です。

[PR]
by liddell97 | 2017-01-11 00:37 | 音楽療法 | Comments(0)

横浜市にある障がい者施設の職員です。~ 日々、心が喜ぶものを ~


by liddell