ゆらぎ体操の実践

2016年4月より週1回1時間、ゆらぎ体操インストラクターの岸貴子先生にご指導頂いています。

行列ができる!骨盤ゆらぎ体操教室




静かに流れる音と岸先生の言葉に耳を傾け、無理なくゆっくりと動きます。座位と仰臥位のみで行うため、転倒の危険も無く高齢の方でも安心して参加できる運動です。
しせつでの実践において素晴らしいと感じるのは、聴覚的刺激が制御され集中しやすい環境が作られていることです。静かなサウンドと岸先生のゆっくり語られる言葉のみ。職員も参加者も無言です。
仰臥位になると視覚情報が途絶えますが、次の動作が解らない人には職員が手を添えて軽く動かすことで、今行うべき動作を理解されています。
基本的には毎回同じ順序で同じ課題を行うことにより構造化し、一つ一つの動作の質を高めるようにしています。

こちらはBGMに使われているCDの音楽です。実践の写真は昨年8月のものですが、どうぞ聴きながら見て頂けたらと思います。






まず、座位で足を軽く叩いたり
a0335845_00452182.jpg


マッサージをしていきます
a0335845_00425892.jpg


総勢9名、床に5名+和室に4名です。
(現在は10名に増えました)
a0335845_00444276.jpg


身体がほぐれたら仰臥位になり、
足をゆさゆさと揺すりリラックスします
a0335845_00454007.jpg

膝を立てて両肘を持ち、
a0335845_00460782.jpg


左右にごろんごろんと揺れます
a0335845_00462807.jpg


一旦、足を延ばしてリラックス
a0335845_00464610.jpg


片膝を抱えて胸に引きつけたり
前に押し出したり、グルグル回したり
a0335845_00471667.jpg


岸先生、和室の方々の様子も見ます
英会話の江口先生、記録のお手伝いをして下さっています
a0335845_00473559.jpg


今度は両肘を持って、腕を回します
腕回しをしながら足を左右に揺らす協調運動もあります
a0335845_00475516.jpg


今度は両膝を抱えて引きつけたり、
前に押し出したり、回したり
a0335845_00482413.jpg


膝を左右に倒して背中を伸ばします
a0335845_01333367.jpg


最後に腕をさすったり
a0335845_01420150.jpg


首や肩を揉んでマッサージ
a0335845_01421512.jpg

結果を急がず、見守りながら1年間継続して、次のような変化が見られています。

① 円背が目立っていた人が、顔が上がり背中が伸びて姿勢が良くなった(ホームでも自発的に体操を実践されている)
② 手の触覚過敏が強く物を握ることが苦手だった人が、以前より手が使えるようになり、お手伝いを自発的にされるようになった。
③ 手と足の協調運動が苦手な人が、これまで出来なかった協調運動が出来るようになってきた。
④ 歩く以外の運動経験が乏しかった人が、粗大運動を定期的に行う機会を得られ、積極的に参加されるようになった。
⑤ 動きが早く強い人が、ゆらぎ体操の最中はゆっくり動くために動作をコントロールするようになった。

1年経過し、平均年齢63歳と高齢の集団にも関わらず、いろいろな変化が現れています。
最近の写真を近いうちにUPしたいと思います。

[PR]
by liddell97 | 2017-08-15 02:05 | ゆらぎ体操 | Comments(0)

横浜市にある障がい者施設の職員です。~ 日々、心が喜ぶものを ~


by liddell