ゆらぎ体操:その2

ゆらぎ体操のつづきです。
どうぞBGMを聴きながら見て下さい。




膝を抱えて引きつけたり
反対にぐっと離して静止したり
股関節を回したりします
a0335845_01234485.jpg


畳の部屋の人も頑張っています
a0335845_01272429.jpg


骨盤に手を置き
左右にゆっくりと揺れます
a0335845_13040273.jpg


次に手のひらを床につけて左右に揺れます
a0335845_01250057.jpg


手を組んで持ち上げて左右に揺れます
a0335845_01270060.jpg


目を閉じて静かにリラックス(動画)

起きて肩を軽く叩いたり
首を揉んだり
a0335845_01292480.jpg


終わりの挨拶
「ありがとうございました」
a0335845_01244479.jpg
1時間があっという間です。

床側左奥の男性は円背が気になっていたのですが、
ゆらぎ体操後は驚くほど改善されています。
ご本人も喜ばれ、普段も自発的にヨガマットを敷いて、
仰向けに寝転ぶ時間を作るようになりました。


ゆらぎ体操について、考案者でいらっしゃる森明彦先生のご説明を引用させて頂きます。
(ゆらぎ体操セラピーHPより)

「この体操セラピーは、これまでの運動とはまったく次元の違う発想で開発したものです。トレーニング(鍛えること)が目的ではありません。さまざまなストレスのため、まるで鎧(よろい)を着ているかのように、こり固まり、ゆがんでしまった体を芯からゆるめて解放し、本来の自然な体と心を甦らせること。そして、人生の最後まで、できるだけ自由で快適に動ける体と自然で安らかな心の状態を維持すること。・・・」

「・・・次第に分かってきたのが「痛み」と「体の歪み」との深い関連性です。そして、痛みや不調を解消する最大の秘訣は体を鍛えること(トレーニング)ではなく、体をゆるめることや、体の歪みや動作の癖を直すことにあることが次第に解ってきました。」


[PR]
by liddell97 | 2017-09-23 01:46 | ゆらぎ体操 | Comments(0)

横浜市にある障がい者施設の職員です。~ 日々、心が喜ぶものを ~


by liddell