ヘニング・シュミート 2017来日コンサートへ!

10/21(土)に、旧東ドイツ出身のピアニストHenning Schmiedt(ヘニング・シュミート)氏の来日コンサートに行ってきました。

会場は東京、池袋から徒歩数分の「自由学園明日館 講堂」。自由学園明日館は、自由学園の校舎として1921年にフランク・ロイド・ライトの設計により建設されたそうです。1997年には国の重要文化財の指定を受けたとのこと。今回初めて入りましたが、確かに美しく洗練された木造の建物でした。



さて、コンサート。1曲弾き終わる度に、会場に向かいマイク無しで英語+時々日本語で語りかけるヘニング氏。話しを聞きいて時々笑い、1曲1曲に耳と心を傾けて聴き入る私たち。
散歩が好き、雨が好きと笑顔で話され、それが音に現れていて、音楽で散歩につれていってもらい幸せな時間を共有しました。会場が静かに一つになっている空気がありました。

楽譜の販売があると聞き、コンサートが終わった後に慌てて購入。「Hochzeitslied」という曲、ウエディングソングだそうです。

そうこうしていると、何やら後ろの方でテーブルがセットされている・・・「サインを頂けるのですか?」とスタッフの方に伺うと「もちろんです!」とのこと、即行で並びました。図々しくも、スタッフの方に私のスマホで撮って頂きました!一生の宝物です!!
サインを頂いて会場から出ようとしてびっくり、会場の外までサイン会の長蛇の列でした。

次の来日も絶対に行こう、できれば複数の会場へ!と思いました。こんなに幸せな気持ちにしてもらえたコンサートは初めてかもしれません。コンサートが終わってからも電車の中でずっと満たされた気持ちでした。翌日は余韻にひたりながら、自宅で一日中ヘニングさんのCDを聴いていました。

私の購入した楽譜にサイン中のヘニング氏。
a0335845_16471608.jpg


サイン入りの楽譜
a0335845_18173764.jpg


「May&June」さんのブログで、「自由学園明日館 講堂」の写真と説明を拝見。

[PR]
by liddell97 | 2017-10-29 19:13 | 美しい音楽 | Comments(0)

横浜市にある障がい者施設の職員です。~ 日々、心が喜ぶものを ~


by liddell