ポレポレ東中野で「幸福は日々の中に。」を鑑賞!

仕事がてんこ盛りで体力を使い果たし、東京へ行くのは無理だ…と諦めていたのですが、先月に生で聴いた「otto&orabu」のLIVEの記憶がよみがえり、映画監督と福森施設長のトークが聴けるなんて行くしかない!やっぱり行こう!と急いで支度をして出かけました。

a0335845_15345800.jpg


初めて行った映画館。地下1階にあるのですが、地下へ続く階段に木の椅子や、様々なコンセプチュアルな映画のチラシが置いてあり、小さいけれど素敵な映画館。
近くのお店で軽く何か食べようと思ったのですが、パンとお茶を買って映画館の外のベンチでもぐもぐ…通りがかりの人々は映画館の掲示板前で立ち止まりじっくりと見てました。

a0335845_15354838.jpg


掲示板。クリックすると大きな画面になります。
今回の映画の上映後に行われるトークイベントものっています。
a0335845_14484833.jpg

観に行って良かったです。監督ご夫婦も素敵な方でファンになりました。
しょうぶ学園での日常に視点をとめて、そのまま静かに切り取ったような、もしかしたら利用者の方達はこんな風に感じたり見たりしているのでは・・・と思うような描写でした。
解説するでもなく、方向付けるでもなく、切り取った日常を連ねていくうちに、何かが見えてくる、何かが感じられてくる・・・これはいったい何だろう・・・

そして上映後のトークイベントは最高でした!出演者は語らない方がいいとおっしゃりながら、福森施設長の楽しい、味わい深いお話しで場内は一緒に笑ったり、「そうだそうだ!」と頷いたり。
常識にとらわれない型破りな福森施設長は、茂木監督から「パンク」と言われてました(笑)。

そして終了後のサイン会。映画のパンフレットに茂木綾子監督、ヴェルナー・ペンツェル監督、福森伸施設長のサインを頂きました。
小さい紙片はチケットの裏側、整理番号です。チケットを購入した順番に5人ずつ声がかかり館内に入場します。私は21番。




茂木綾子監督、ベルナー・ペンツェル監督の
他の作品も是非観てみたいです。


[PR]
by liddell97 | 2018-01-14 17:23 | 気になる人,言葉 | Comments(0)

横浜市にある障がい者施設の職員です。~ 日々、心が喜ぶものを ~


by liddell