TED;自閉症スペクトラム

TEDから自閉症スペクトラムを抱える当事者の方、そのご家族の方のスピーチを集めてみました。全て日本語字幕が付いています。

フェイス・ジェゲディ
「自閉症の弟たちから学んだこと」

「普通であるということは、違いがもたらす美しさを見落としています。違うからといって私たちの誰かが間違いなわけではありません。私たちがもつ違いというのは贈物なのです!」




クリス・ヴァーニー
 「自閉症:無敵の母がどうやって専門家の間違いを証明したか 」

「子ども達が『できない』と言うために自閉症というレッテルがあるんじゃない。子ども達が『できる』と言うためにこそある。我々は誰でも子どもの『できる』ネットワークに貢献できます。」


「もしあなたが自閉症スペクトラムを持つ子どもや若者だったら聞いて下さい。決して自閉症というレッテルにあなたができることを制限させないで、自閉症スペクトラムを自分なりのラベルを創り出すためにこそ使ってほしい。

もしあなたが親や祖父母なら、自分の子や孫が特別なことをわかってください。子ども達はただ人生に集中しているだけなんです。才能を開花させるために、自分が使える穏やかな魔法に自信を持ってください。あるいは、そんな子とも達の良き友人を育ててください。

もしあなたが教師だったら、そういう子どもが社会に認められ学校で尊重される存在になるための土台を作ってください。

子どもの『できる』ネットワークにあながたが参加すれば、子どもが軌道を変えて、葛藤と失敗と屈辱の世界から自信に満ちた世界へ、自己不信の牢獄から自己信頼という自由へと移っていくのを目にするのです。」



ロージー・キング
「自閉症がいかに私を解き放ち、私らしく感じさせてくれるか」

「人々は普通と違うことを恐れるあまり、特定のラベルを貼った小さな箱に、あらゆるものを押し込んでしまおうとする。
私が自閉症だからできることの一つ、それは障がいではなく能力、とても鮮やかな想像力を持っている。」



「『普通』というラベルを貼った箱に収まりきらない人と、つきあいたくない人もいるかもしれません。しかし考えてみると『普通』とは何でしょう?なぜ多くの人は懸命に『普通』になろうとするのでしょう?

人々はあまりにも違いを恐れるあまり、全ての人を、そうなりたいと思わない人、そうなれない人をも普通にしようとします。

普通から外れることをとがめるのではなく、その独自性を讃え、彼らが想像力を解き放てたことを喜んではどうでしょうか。」

[PR]
by liddell97 | 2017-08-20 14:27 | 気になる人,言葉 | Comments(0)

横浜市にある障がい者施設の職員です。~ 日々、心が喜ぶものを ~


by liddell