タグ:落合陽一 ( 5 ) タグの人気記事

4/22に東京国際フォーラムで行われた落合陽一×日本フィルによる第1回の《耳で聴かない音楽会》に続き、8/27に東京オペラシティ コンサートホールで行われる第2回の《変態する音楽会》へ参加してきます。

注)“変態”→トランスフォーム


vol.1は室内楽編成、100席のホールにて開催。「聴覚障害のある方とも“一緒に”音楽を楽しむ方法はないか?という問題意識」から始まり、「振動や色を使って音を“体感”できるデバイスを複数導入し、新しいコンサートのあり方を模索」したとのこと。

vol.2は80人のフルオーケストラ編成、1500席の大ホール。今回の音楽会もvol.1同様さまざまなデバイスを導入し、音楽を聴覚以外でも体験できる仕掛けを作るそうです。
楽器としての映像装置が「一奏者として」オーケストラに加わる形をとったり、耳だけで聴いて楽しむものではなく身体的な楽しい体験の場になるそう。

<今回のデバイスについて> 注)チケットの種類により体験できる機器が異なる

私はS席チケット+Ontenna貸し出し付きコース(12000円)を選びました(現在は完売)。
他にオリジナルロゴステッカー、本番公演の記録映像(DVD)等のリターンが付いています。

まだ何種類かのチケットが購入可能ですので、ご興味のある方は是非!

以下、Readyfor クラウドファンディング プロジェクト概要より転載

■SOUND HUG
抱きかかえることで、まるで音をハグするように、音の速さやリズムを振動で感じられるバルーン型のデバイス。またバルーンの発光パターンを制御することで、色で、音の高低や盛り上がりポイントも感じとることができる。

■Ontenna
富士通(株)が開発した、ヘアピンのように髪の毛に装着し、振動と光によって音の特徴をユーザに伝えるデバイス。コンセプトは「まるで猫のヒゲが空気の流れを感じるように、髪の毛で音を感じることのできる装置」。

■ボディソニック
振動装置が組み込まれたポーチとザブトンクッションで構成されており、振動を身体に伝えることで聴覚に障害をお持ちの方(補聴器を使っている難聴、または中途失調の方)も、ヘッドフォンやヒアリングループ(磁気ループ)からの音と一緒に全身で音楽を楽しむことができる。 *パイオニア株式会社より、聴覚障害のある方を対象としたボディソニック席が用意される

[PR]
by liddell97 | 2018-07-22 15:52 | 気になるモノ,事 | Comments(0)
大好きなピアニストである反田恭平さんのファンクラブ会員のみが参加できる、ファンクラブイベント第3弾のゲストが、なんと落合陽一氏! もちろん申し込みました~♪
このお二人に同時にお会いできるなんて~っ!!\(◎o◎)/
抽選の結果発表は1/10、外れたら寝込むと思います・・・(T_T)
それにしても、落合さんはピアニストとどのようなトークを繰り広げられるのでしょう。とっても楽しみです♪



反田恭平さんの音楽性とテクニックの素晴らしさ・・・バロック、古典からリストの難曲まで、当時21歳でここまで説得力を持って弾き分けてしまうって・・・凄すぎる。もう才能の勢いが止まらない感じ。

「反田恭平LIVEダイジェスト 2016.1.23 サントリーホール」
バッハ/ブソーニ「シャコンヌ」
モーツアルト「ピアノソナタ k.281 Ⅲ」
バラキレフ「イスラメイ」より
リスト「スペイン狂詩曲 S.524」より
リスト「コンソレーション S.172」より
リスト「メフィスト・ワルツ第1番 S.514」より




おそらく「題名のない音楽会」だと思います。
モーツアルト「ピアノ協奏曲第20番より第3楽章」



「情熱大陸 2016.10.2 反田恭平」毎日新聞の記事


[PR]
by liddell97 | 2018-01-07 22:40 | 気になる人,言葉 | Comments(0)

落合陽一氏;work as life

日本人の大人は、先進国一学んでいないそうだ。本来、経験豊富であるはずの社会人も、勉強しなければ「次世代の子ども」にも劣る存在に落ちる、と。
確かに、今私が通っている大学院は非常に留学生が多い。留学生が同席しない授業は無いというくらいだ。
OECDのデータによると、日本の30歳以上の修士課程入学者は3.2%とのことだが、障がい者福祉業界においては30人に1人もいないと思う。
大学側には社会人院生の受け入れはあるのだが、それが知られていないのと、志す人も少ないのは本当に勿体ないと思う。

学部での専門とは違う分野に就職する人も少なくないと思うので、働きながら学び続けることは大切である実感している。そもそも、一つの事に特化した仕事を続けるよりも、複数の違うスキルを身につけ、それらを統合して新しい何かを仕事上で作っていくことも重要であると考える。
学習は独学でももちろん良いが、教育機関に所属することで学び(研究)に対する時間と質に強制力が生れ(←仕事を言い訳にできないのが私には良い)、また最新の情報が常に周囲にあり仕事と学び(研究)の両方が充実するのも大きなメリットである。

社会人の皆さん、落合氏の言われている「work for life」から「work as life」へ、是非。

[PR]
by liddell97 | 2017-12-10 19:41 | 気になる人,言葉 | Comments(0)
“水曜日のお楽しみ” Weekly ochiai
Part.22「日本人とお金」2017/12/6
話しを聞く度にすごい人だと思う・・・




[PR]
by liddell97 | 2017-12-10 16:51 | 気になる人,言葉 | Comments(0)
この人の考え方をもっと早く知りたかった!おっしゃることの隅々に共感する。
近代化以降の発展を遂げた違う星から派遣されたのか?と思ってしまう。30歳とのこと、いや~本当に凄い。

いろんな動画で勉強させて頂く。狭くは今の職場のあり方に、広くは今後の日本に絶対必要。
10代、20代の人達に、落合さんの後へ是非続いて欲しい。福祉を「根性と人力」の世界から合理的な新しい方向へ変えて欲しい。







[PR]
by liddell97 | 2017-11-25 14:05 | 気になる人,言葉 | Comments(0)

横浜市にある障がい者施設の職員です。~ 日々、心が喜ぶものを ~


by liddell